ギフトのカタログ.com

【写真を撮るためのバッグ】とれるカメラバッグ


機能的かつデザイン性のあるビジネス小物を扱い、

多数のメディアでも紹介されている『SUPER CLASSIC』

従来の持ち運ぶためのカメラバッグという概念を覆した

とれるカメラバッグをご紹介します。



 

シャッターを押すためのカメラバッグとして

荷物になる一眼レフをわざわざ持ち歩いても、

「あっ!」と思った瞬間にシャッターが押せなければ意味が無いですよね。

通常のカメラバッグだと、どうしても収納して持ち運ぶのがメインになりがち。

そこでこの「とれるカメラバッグ」が提案しているのが、スタンバイモード

 

バッグをオープンにして、体の前方にもってくる。

すぐにカメラを取り出せるので、シャッターチャンスを逃しにくくなります。

 

スポンサーリンク



実際の使い心地

このスタンバイモード、

持ち運ぶ時は結局通常の斜めがけバッグになるので、

「自分の使い方ではあまり意味がないかな」とも思いました。

しかし実際に使うと役立つ場面が多いのに気が付きました。

例えば、幼稚園や学校の運動会

カメラを持っての移動が多い時に、

サッとしまえてサッと取り出せるありがたみを痛感。

他にも旅行先やテーマパーク、散歩中など…

いつでも撮れる態勢を実現できるのは予想以上にメリットでした

 

サイズや役立つポケット類

サイズは思ったより大きめで、それが当初は私にとって少しマイナスでした。

取り回しが良くないかなというのが第一印象。

ただ大きい分、当然ですが荷物がたくさん入ります

ポケット類も汎用性が高く使いやすくなっています。

 

カメラに予備バッテリー、ノートや筆記用具、財布、カードケース…

おまけにiPadやMacbookもAir11なら入ってしまいます

Macbook Air 11使いの自分はもちろん入れて持ち運んでおります。

(荷物を詰めすぎて重くて大変なこともありますが…。)

カメラバッグではありますが、

私服勤務などの人は通勤にも使えるかと思います。

 

カバンをオープンにしていても安定性があるので、

私はよく車の助手席に置いています。

サッとサングラスや小銭入れが取り出せるので重宝してます。

 

カメラが好きなお父さんや旦那さんへのプレゼントにおすすめです。

ライトグレーのカラーはカジュアルに使える色合いなので、

カメラ女子へのプレゼントにも!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です