ギフトのカタログ.com

【何を贈る?いつ贈る?】出産祝いのアレコレ


出産祝いって?

赤ちゃんが無事に誕生したことへのお祝い、

そして出産を終えたお母さんへの労いを込めて、金品を贈るのが出産祝い。

親族や友人、知人へと贈ることも多いですよね。

一緒になって喜び祝いたい、とても大切で喜ばしいお祝いです。

でもいざとなると、「何を贈ろう?」って悩んでしまいがち。

 

スポンサーリンク


 

何を贈るのが良い?

一般的には実用的なものが喜ばれます。

ベビー服や赤ちゃんの寝具、身内であればギフト券なども。

個人的にすごく喜んでもらえてるのは、赤ちゃんのおもちゃ

自分が出産祝いでもらってすごく良いおもちゃだったので、マネしています^^;

他にはお母さんが使えるマザーズバッグ絵本、

何枚あっても困らない赤ちゃんの肌着なども贈ったりしています。

ベビー服など身に付ける物を贈る際は、少し先を見越して、

ちょっと大きめのサイズを選びましょう。

また、使える季節なども頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

*****************************************************************

プレゼント選びで困りがちなこと。

一つは、あまりに一般的なものだと、人と被ってしまう可能性が。。。

そしてもう一つ。

2人目以降の赤ちゃんも同じようにお祝いしてあげるのがマナーですが、

1人目より難しい。。。

タオルや肌着など、被っても困らないものを贈るもの手ですが、

思い切ってリクエストを聞いてしまうのも有りかと思います。

*****************************************************************

 

いつ贈ればよい?

生後7日目~1ヶ月くらいが良いと言われています。

ただし、あくまで赤ちゃんとお母さんの体調次第

こちらの都合での訪問は厳禁です。

訪問する際は相手の都合を確認し、長居をしないよう気を付けましょう

出産祝いの配送は失礼に当たらない

(むしろそちらの方が助かる場合もありますし)ので、臨機応変に。

贈るタイミングを逸してしまっても、出産祝いを贈られて嫌な人はいません。

もし後から出産を知ることがあれば、お祝いの気持ちを込めて贈ってあげましょう。

(1年以上経過していた場合には「誕生祝い」とした方がベターです。)

 

出産内祝いについて

出産祝いをいただいたお返しが、出産内祝いです。

(本来は「出産のご報告」を意味していたようですが。)

お祝いを贈られた側になったら、必ず内祝いでお返しをしましょう。

贈る時期の目安としては、お宮参り(生誕1ヶ月目)の辺りです。

この内祝いがなかなかに手強い(笑)

なにせ出産後は色々と忙しいのですが、その間を縫って考えるのですから。

できれば前もって情報収集しておくのがベストです。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です